가리비 청경채 볶음

ホタテとチンゲン菜のさっぱり炒め

ダシダとごま油を使ってホタテの旨味を       <(社)女子栄養大学香友会レシピ>
材料(2人前)
ホタテ貝柱 6個
チンゲン菜 2株
赤パプリカ 1/4個
しょうが 薄切り2枚分
小さじ1/2
片栗粉 小さじ2
牛肉ダシダ 小さじ1/2
塩こしょう 少々
ごま油、サラダ油 各適量
A 合わせ調味料
牛肉ダシダ又はあさりダシダ 小さじ1/2
大さじ1
少量
しょう油 小さじ1/2
作り方
  1. チンゲン菜は軸のほうから包丁で切り目を入れ、手で6つに割る。葉と軸に切り分ける。パプリカは2㎝くらいのひし形に切る。
  2. 鍋に湯を2カップほど沸かし、ダシダ小さじ1強とごま油小さじ1を加えて、チンゲン菜とパプリカをさっと湯通しする(ゆで湯に薄く味がついているので、水っぽくならず、ごま油の効果で色は鮮やかになる)。すぐにざるにあげて水気をよく切る。
  3. 貝柱は塩、こしょう、酒、片栗粉をもみ込み、フライパンにサラダ油小さじ1を熱し、表面を香ばしく焼く。
  4. フライパンの端でしょうがを炒め、香りがたったら、1とAの合わせ調味料を加え、手早く炒め合わせる。